treo pro 再構築 覚書

公開日: : 最終更新日:2013/12/31 未分類 ,

Pocket

treo proの再構築をしたので覚書を書いてみた。

基本的には自分用なので不親切な部分が多々あると思いますが、ご了承ください。

id:mobachikiさんの

http://mobachiki.com/wm/

などを参考にしています。

____________________

file explolerで作業。

1.KTCaptSP.armをインストール

今回はブログ用にキャプチャーするため。

2.GSFinder+W03.CABをインストール

GSFinderは必須ソフトですね。バージョンがいろいろあるみたいですが、microSDにはいっていたこれで取り合えず。

まだ日本語が表示できないため、日本語豆腐になってます。

f:id:melodymaker0930:20090511015215j:image

3.LetsJapanNo6_Treo.cabをインストール

自動で再起動

これで日本語の表示ができます

f:id:melodymaker0930:20090511015214j:image

4.ATOKPWM.cabをインストール

自動で再起動

(日本語入力のためのATOK)

5.FEPTgl.cabをインストール

英語とatokを切り替えるため

6.Ptweak.arm.cabをインストール

keybordを標準に設定。

(必要ない操作かもしれません)

7.PQzII_Treo_20080405_008c.cabをインストール

PQzIIをスタートアップに登録します。

8.Nullkb.AM4.cabをインストール

(ソフトキーボードを無効にするため)

OKで再起動

9.PQzIISetupを開いて設定をします。

f:id:melodymaker0930:20090511015212j:image

PortをNullKBに

LandをNullKBに

CTRLとALTを0xEDに。

f:id:melodymaker0930:20090511015211j:image

ProgramタブでFEPTglとKTCaptをそれぞれctrl+spaceとctrl+kに設定。

これで日本語表示、日本語入力、入力切替ができるようになりました。

PQzIIのアイコンを好きなものに設定。(QVGA用)

次は接続設定とインターネットの設定。

10.Setting→ConnectionsのConnectionsをひらく。

AdvancedタブのSelect Networks

うえのMy ISPのNewをクリック

softbankと命名。

modemタブでNewから接続設定を作成。

open.softbank.ne.jp

opensoftbank

ebMN~~~でfinish

これでopen接続できます。

次はMMSの設定

11.KillPorkPie.exeを実行

12.Treo750v_Conn_Enabler.exeを実行(不要?)

13.MortScript-4.2-PPC.cabをインストール

標準で入っているarcsoftのMMSソフトを削除するための自動スクリプトDelArcMMSを使用するため。

14.DelArcMMSを実行すると自動で再起動

15.10と同じように、MMS用の設定を作成。

mms

mailwebservice.softbank.ne.jp

qceffknar~~

16.MMSLite.1.1.303.cabをインストール

pocketoutlookのopitionのMMSを選択。

使用する接続をmmsに。

タイムアウトは60秒

MMS ゲートウェイは

sbmmmsproxy.softbank.ne.jp

UAは

Vodafone/1.0/V904SH/SHJ001 Browser/VF-NetFront/3.3 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1

↑いらなかったかも

17.MMS設定用のmortscriptを用意して、実行

Switch(Question(“MMS Liteに必要なレジストリを追加します。^NL^※先に必ずPreSetupMMSLite.exeを実行し、MMSLite.1.1.301.wm6.cabをインストールしてください。^NL^追加してよろしいですか?”, SystemPath(“ScriptName”), “YesNo”))

Case(YES)

RegWriteDword( “HKCU”, “Software\MMS Lite\Profiles\MMS”, “AllowDeliveryReport” , 1 )

RegWriteDword( “HKCU”, “Software\MMS Lite\Profiles\MMS”, “AllowReadReport” , 1 )

RegWriteDword( “HKCU”, “Software\MMS Lite\Profiles\MMS”, “AutoRetry” , 1 )

RegWriteString( “HKCU”, “Software\MMS Lite\Profiles\MMS”, “EmailAddres”, “メールアドレス” )

RegWriteDword( “HKCU”, “Software\MMS Lite\Profiles\MMS”, “ForceAutoRecv” , 1 )

RegWriteDword( “HKCU”, “Software\MMS Lite\Profiles\MMS”, “ForceConnect” , 0 )

RegWriteString( “HKCU”, “Software\MMS Lite\Profiles\MMS”, “MmsGateway”, “sbmmsproxy.softbank.ne.jp:8080″ )

RegWriteString( “HKCU”, “Software\MMS Lite\Profiles\MMS”, “MmsServer”, “http://mms/” )

RegWriteDword( “HKCU”, “Software\MMS Lite\Profiles\MMS”, “MsgDurationPeriod” , 0 )

RegWriteDword( “HKCU”, “Software\MMS Lite\Profiles\MMS”, “RequireDeliveryReport” , 0 )

RegWriteDword( “HKCU”, “Software\MMS Lite\Profiles\MMS”, “RetryCount” , 0 )

RegWriteDword( “HKCU”, “Software\MMS Lite\Profiles\MMS”, “RetryTimeout” , 60 )

RegWriteDword( “HKCU”, “Software\MMS Lite\Profile\MMS”, “SaveSent” , 1 )

RegWriteDword( “HKCU”, “Software\MMS Lite\Profiles\MMS”, “ServerPort” , 80 )

RegWriteString( “HKCU”, “Software\MMS Lite\Profiles\MMS\UserAgent”, “Default”, “904SH” )

RegWriteString( “HKCU”, “Software\MMS Lite\Profiles\MMS\UserAgent”, “904SH”, “Vodafone/1.0/V904SH/SHJ001 Browser/VF-NetFront/3.3Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1″ )

RegWriteDword( “HKCU”, “Software\MMS Lite\Profiles\MMS\Connections”, “SoftBank” , 0 )

Case(NO)

Exit

EndSwitch

Switch(Question(“レジストリに値を書き込みました。^NL^今すぐに再起動してもよろしいですか?”, SystemPath(“ScriptName”), “YesNo”))

Case(YES)

Reset

Case(NO)

Exit

EndSwitch

メールアドレス部分を自身のsoftbankのアドレスにかえ、○○.mscrとして保存し、端末で実行。

これでMMSが使えるようになります。

18.リアルQVGA化します。

TRE.arm.cabをインストール

画像

\\HKLM\Drivers\Display\GPSの

LogicalPixelsY

LogicalPixelsX

をそれぞれ10進数で96に指定。

19.ResPack96dpi.ARM.CAB をインストール

自動で再起動

20.Nomad.cabをインストール

これで、realQVGA化で消えたアイコンが元に戻ります。

f:id:melodymaker0930:20090511015210j:image

使用前

f:id:melodymaker0930:20090511015209j:image

使用後

こんなに広くなります。

ここまでで一通りの設定が完了。

ちなみにストレージの容量としては

f:id:melodymaker0930:20090511015208j:image

設定前

f:id:melodymaker0930:20090511015204j:image

設定後

こんな感じです。

関連記事

#REGZAphone ( T-01C )をスマートフォンカフェで触ってきた。その2 UI編 #androidjp

発売が近づいてきて、関心がかなり高まってきてる印象をうける、REGZAphone(T-01C)のレビ

記事を読む

apple magic trackpadと似たような製品を探してみた。

結構前ですがapple デスクトップ用のマルチタッチ対応トラックパッドが発売されましたね。

記事を読む

is05-2

auNAGOYAで触った #is05 標準搭載の「撮る家計簿Photoマネー」が超絶便利だった件 #androidjp

3/10に発売が決定したau のスマートフォンIS05ですが、搭載されている「撮る家計簿Photo

記事を読む

f:id:melodymaker0930:20090920233900j:image

物欲が収まりません。

Netwalkerをあきらめてから、物欲が止まりません。 あれもこれもほしくて仕方がなくなってきま

記事を読む

1

ファーストサーバーにwordpressの新規に手動でインストールしてみた

OSS簡単インストール機能という簡単インストール機能は一応ファーストサーバーのコンフィグレータにはあ

記事を読む

f:id:melodymaker0930:20090419203023j:image

本を買ってきた。

この二冊です。 photoshopは会社PCにやっとこさ入ったのはいいが、fireworksとあ

記事を読む

この動画を含む日記

HTC Hero日本語IME 比較Simeji vs openWnn(Japanese IME)

HTC Heroの日本語IMEを比べてみました。 http://www.youtube.com/v

記事を読む

回線整理を行いました。

Softbank メイン回線 Softbankサブ1 Softbankサブ2 Softbankサブ

記事を読む

no image

imodeメールをblackberryで使う方法「iモード.net Gateway」

追記 2010/01/22 iモード.net Gatewayは開発終了したようです。代わりにimo

記事を読む

【メモ】NEC aterm #WM3500R のインジケータ表示内容 #wimax

個人的なメモです。 WM3500Rのマニュアルより

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

Additional comments powered byBackType

viralmedia
バイラルメディアはクソだ、とか否定してるけど、あなたには絶対に運営できないと思うよ

ここ最近、バイラルメディアに関する議論やヘイト記事をよく目にします

conoha3-thumb
3.ConoHaVPSで複数ドメインを割り当てるためにVirtual Hostsを設定する

次に、ConoHa VPSに複数のドメインを割り当てる際のVi

conoha2-thumb
2.ConoHaVPSにSFTPでとりあえずログインする方法

前回に引き続き、今回はConoHaにSFTPで接続する方法です

surface-thumb
今更Surface Pro 3ファーストインプレッション #surfaceJP #SurfacePro3

サブ用に使用していたMBAを手放したので、メインのMBP 15

highdpi-chrome
Surface Pro 3のChromeで文字がボケる問題の最新解消法 #surfaceJP

Surface Pro 3をゲットしてきました。 Core i7

→もっと見る

  • WordPressテーマ「GENSEN(TCD050)」
  • WEBデザイナーの為のWEBデザインギャラリー
PAGE TOP ↑